肝機能障害とは?

日本人間ドック学会によると、人間ドック受診者の約3割が肝機能異常を指摘されていると報告されています。

肝機能障害とは肝細胞になんらかの障害をうけて炎症が起こり、細胞が破壊されることによって異常が起こり、ASTやALTといった肝酵素γGTPという胆道系酵素などが上昇することをいいます。

肝臓は沈黙の臓器といわれるように、なかなか自覚症状が出現しにくい臓器です。症状出現時には病気が進行しているようなことがあります。

皮膚や眼球が黄色くなる黄疸や肝機能悪化による倦怠感や疲労感などが主な症状です。

さらに進行すると腹水貯留による腹部膨満などが出現します。


肝機能障害の原因は?

肝細胞は、アルコール炎症などで長期間ダメージをうけると、正常な肝細胞は少しずつ減り、傷跡として線維化した領域が増え続けていきます。
肝疾患は、原因がなんであっても、病態が慢性に進行すると肝硬変になり、肝不全を引き起こします。ただし、肝硬変になるスピードは肝細胞の壊れ方によって異なります。
例えば、C型肝炎のように20~30年かかって徐々に肝硬変に向かっていく場合もあります。肝硬変ではありませんが、劇症肝炎などは肝臓が一気に壊れて1~2週間で死亡したりすることもあります。

アルコールを飲んでいなくても、肥満の人は肝機能障害を認めることが多く、糖尿病、高血圧、脂質異常症を合併している人ではその傾向が強く見られます。

① ウイルス性肝炎

ウイルスが肝臓に感染して炎症が起こる疾患です。

肝炎を引き起こすウイルスには主にA型、B型、C型、E型の4種類がありますが、B型肝炎ウイルス(HBV)又はC型肝炎ウイルス(HCV)の場合がほとんどです。
HBVは輸血や出産、覚せい剤んどの注射針の使いまわし、性行為によって感染します。またHCVにおいては、輸血や血液製剤、入れ墨によって感染します。

② アルコール性

長期間にわたり過剰な飲酒をすることで肝臓に障害が起こる疾患です。
エタノールを1日に男性は30g以上(ビール750ml、日本酒1合半相当)、女性は20g以上摂取すると、アルコール性肝障害を起こすことがあります。

③ 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)

飲酒を全くしていない人、または少量しか飲まない人の肝臓に脂肪がたまる疾患です。
NAFLDのうちの10%~20%は進行性の脂肪肝である非アルコール脂肪性肝炎(NASH)が占めます。
多くの場合は肥満や糖尿病、脂質異常症、高血圧などの生活習慣病が原因となります。

④ 薬剤性肝障害

肝臓が薬の副作用の影響で肝機能障害が起こる疾患です。
原因となる薬は抗生物質解熱鎮痛剤抗精神病薬抗がん剤の場合が多いです。
しかし、市販薬剤、漢方薬や健康食品、サプリメントなどの病院で処方される薬以外でも起こりえます。

⑤ 自己免疫性肝炎

免疫異常により、肝臓に炎症が起こる疾患です。
自己免疫性肝炎や原発性胆汁性肝硬変、胆汁性硬化性胆管炎などがあります。上記の原因が除外されていることが必要です。


診断方法

血液検査
血液検査で肝機能、胆道系酵素、黄疸値などを測定し、各種ウイルス性肝炎、自己免疫性肝炎などの有無をチェックします。
腹部エコー検査
腹部エコー検査で肝臓がんや、胆汁うっ滞などの器質的なことが原因で肝機能異常が起こっていないかどうかを確認します。同時に、脂肪肝の所見がないかどうかも確認します。

治療方法

① ウイルス性肝炎

C型肝炎治療の基本は抗ウイルス薬による内服治療になります。
新たに登場した「ソバルディ(成分名:ソホスブビル)」は、C型肝炎の治療に高い効果が期待できる経口薬です。
大きな副作用も無く、治療期間も12週間と短く、国内の臨床試験では96%が治癒するという効果を示しています。

B型肝炎治療は年齢や肝臓の数値、ウイルス量によってかわります。治療をしても完全にウイルスを排除するのが難しく、継続治療が必要となります。

ウイルス治療の後も、未感染の場合よりは発癌のリスクはありますので定期的な血液検査、腹部エコーでの発癌チェックが必要です。

② アルコール性肝炎、脂肪肝

飲酒が明らかに原因になっているような場合は断酒もしくは休肝日の設定が必要になります。

③ 非アルコール性脂肪肝

体重増加、肥満がある場合は食生活改善や、運動により減量を行います。
糖尿病や脂質異常症、高血圧など基礎疾患がある場合は同時に治療を行います。

④ 薬剤性肝障害

原因になっている可能性のある薬剤や漢方薬、健康食品などを中止します。

⑤ 自己免疫性肝炎

肝生検などによる病理学的な評価のため、大学病院や専門医療機関(愛媛県立中央病院や松山赤十字病院など)へ紹介します。ステロイドや免疫抑制剤による治療を行います。


日本肝臓学会 専門医の資格をもった医師が丁寧に診察、対応させていただきます。

一度ご相談ください、来院お待ちしております。

お気軽にお問合せ下さい。

受付時間 9:00~17:30[木曜午後・土曜午後 および祝祭日を除く]

気になる症状があればまずはAI診断でチェック!!